Feature当学院の特徴

Point.01
少人数制

本学院は一人ひとりが自ら学び、考え、仲間と協力しながら成長するために1学年(クラス)30名の少人数のグループ学習を実施しています。実習も1グループ(3~4名)を1人の教員が担当します。きめ細やかな教育体制を整えているため、実習中の疑問点をすぐに相談することができ、安心して実習に取り組むことが出来ます。

Point.02
看護師国家試験対策の充実
看護師国家試験 合格率100%!(平成29年度実施第107回)全国平均91.0%

本学院の国家試験合格率は2015年から毎年ほぼ100%。その背景には経験豊富な講師陣と専任教員、実習を支える白河厚生総合病院の円滑な協力体制があります。また、専任教員の個別指導もあり、悩み事や相談、最新の国家試験情報の提供をしています。さらに外部講師による国家試験対策セミナー、全国模擬試験、長期休暇を活用した学習支援など充実したカリキュラムとなっています。

Point.03
臨地実習の充実

白河厚生総合病院の付属校である本学院は、高度医療を提供する総合病院で臨地実習できるところが最大の特長です。より実践的な実習は将来、看護師の仕事をする上で大きな力となります。小児や高齢者看護など様々な医療領域での臨床体験を積むことによって、講義だけでは得られない知識・技術に触れることができます。実習生を指導する看護師は本学院の卒業生が多数。自らの経験と重ね合わせ、親身に指導し てくれる、実習生の心強い味方になります。

Point.04
充実した講師陣

基礎分野は大学の教授等より講義が受けられます。専門分野は医療現場の最前線で活躍されている医師、看護師等を招き、実践的な教育を実施しています。また、地域の医療、保健、福祉を支えている方々の講義を受けることができます。

非常勤講師
  • 東京学芸大学 名誉教授
  • 福島県立医科大学 教授
  • 福島大学 教授
  • 仙台大学 教授 等
  • 白河厚生総合病院・塙厚生病院職員(医師/薬剤師/助産師/看護師(認定看護師)/臨床心理士/理学療法士/検査技師/管理栄養士/臨床工学技士 等)
  • 福島県県南保健福祉事務所
  • 白河市役所
  • 白河市社会福祉協議会
  • 西郷村社会福祉協議会
  • 福島県立西郷支援学校
  • 訪問看護ステーション
Point.05
経済面への支援

JA福島厚生連では、看護師を目指している学生を応援するため、奨学金制度を設けております。学生の約7割がこの制度を利用し勉学に実習に励んでおります。

奨学金制度

JA福島厚生連看護師奨学資金制度

自宅
年額36万円
自宅外
年額60万円
Point.06
進学への支援

3年間の在学期間で看護師の国家試験受験資格が得られます。卒業後に保健師・助産師の専門学校へ進学することや大学の養護教諭特別科へ編入することも可能です。本学院にも毎年数名の進学者がいます。JA福島厚生連の付属校であることから、関連施設へ就職することができます。学生の意思を尊重し、教員がそれぞれの将来に対し、相談、支援をしています。

大学編入(一般)
  • 北海道教育大学 養護教諭特別別科(平成30年度)
  • 埼玉県立大学 保健医療福祉部看護学部(平成29年度)
  • 獨協医科大学 看護学部看護学科(平成28年度)
  • 新潟医療福祉大学 健康科学部(平成27年度)
助産師保健師学校進学(一般)
  • 福島県立総合衛生学院 助産学科(平成31、30、28年度)
  • 早稲田医療技術専門学校保健学科(平成31年度)
  • 帝京平成大学 助産別科(平成30、27年度)
  • マロニエ医療福祉専門学校 助産学科(平成29年度)
  • 仙台医療センター附属仙台看護助産学校(平成27年度)
Point.07
就職
希望施設への就職率 100%!